ミネラルウォーターの賞味期限が定められている理由とは

加工食品には必ず賞味期限というものが定められています。食品は製造後に酸化や腐敗によって劣化するため、時間の経過とともに品質が低下します。そのため、製造者は賞味期限を定めることで美味しく飲食する事ができる期限を消費者に伝える必要があります。実はペットボトルのミネラルウォーターにも賞味期限が定められています。

一般的なペットボトルのミネラルウォーターの賞味期限ですが、2Lのボトルであれば製造後2年前後で500mlのタイプであれば製造後1年に設定されているケースが多いです。災害対策用のミネラルウォーターであれば、賞味期限が製造後5年に設定されている製品もあります。

開封後は1日程度しか持たないペットボトルに入れられた市販のミネラルウォーターの賞味期限とは、製品を購入してから直射日光があたらない涼しい場所で未開封の状態で保管した場合の保存可能な期間です。一度でも開栓したり直射日光があたる場所や気温や湿度が高い場所で長期間にわたり保管をすると、たとえ賞味期限内でも水が変質してしまう恐れがあります。ちなみに開栓後は常温であれば1日程度しか持ちません。その理由は、開封すると空気中からボトル内に雑菌が入り込んで繁殖する恐れがあるからです。殺菌効果があるお茶であれば開栓後でも2日程度持つ場合がありますが、ミネラルウォーターはただの水なのでお茶のように殺菌力を持ちません。ミネラルウォーターのボトルにはウォーターサーバーのように開栓後にボトル内の水が外気と直接触れないような仕組みを備えていないため、空気を通して容易に空気中の雑菌が入り込んでしまいます。

一度でもミネラルウォーターのボトルを開けて水を取り出すと外気を通して内部に雑菌が混入してしまうため、開栓後に蓋を閉めて冷蔵庫で保管したとしてもボトルの内部で雑菌が繁殖してしまいます。そのため、開封後にすぐに消費しないと食中毒の恐れがあります。一般的なミネラルウォーターの賞味期限とは未開封で適切に保管すればボトルに記されている期限(製造後1~2年程度)ですが、開封後は1日程度しか持たない事に注意しましょう。

ミネラルウォーターの賞味期限が定められている理由

ミネラルウォーターは無菌状態の工場でペットボトルに封入されているので、開封をしない限りは水に雑菌が入り込む恐れがないので安全です。水そのものは化学的に非常に安定しているので、空気中の酸素によって酸化されたり紫外線を照射しても水分子が分解したり変質することはありません。このため、ミネラルウォーターには賞味期限など必要が無いように思われるかもしれません。もしも賞味期限を過ぎたボトルを開封して水を飲んでも食中毒になることはありませんが、ペットボトルに封入された水の風味や味は時間の経過とともに少しずつ劣化してしまいます。

ペットボトルのお水は、時間の経過とともにボトルの素材(PET)から微量の化学物質が溶け込みます。そのため、製造後に何年も経過したミネラルウォーターはプラスチックの臭いが付いてしまう場合があります。これに加えてペットボトルには、僅かですが水や空気を透過する性質があります。そのため長期間にわたりボトルに水を保管すると空気中の臭いが水に付いてしまったり、水の量が減少してボトルが凹んでしまいます。防災対策用ではない一般用のペットボトルのお水を2年ほど保管すると、水の量が減ってボトルが凹んでいる様子を観察することができます。

ミネラルウォーターの賞味期限とは、ペットボトルで密封した状態で保管ができる期限を基準にして定められているのです。水にプラスチックの臭いが付いて風味が損なわれてしまうと、お金を出して水道水よりも高価なミネラルウォーターを購入した意味がありません。美味しいお水を飲むためには未開封のボトルを適切な場所に保管して、メーカーが定めた賞味期限内に消費する必要があります。