ミネラルウォーターの賞味期限が数年間に設定されている理由

水道水と比較して、澄み切った味わいを感じられることや、ミネラル成分が豊富に含まれているということでミネラルウォーターが人気を集めています。スーパーやコンビニの店頭で販売されているほか、ウォーターサーバーにも採用されていますので、実際に飲んだことのある人も多いことでしょう。ミネラルウォーターは、天然に湧き出している飲用に適した水の総称です。そのパッケージをご覧になるとわかりますが、どの製品にもきちんと賞味期限の記載があります。水であるにも関わらず賞味期限があるということを不思議に感じている人も少なくありませんが、それにはしっかりとした理由があります。

パッケージングされた水は、開封をしない限り外部から雑菌が入り込むことや異物の混入がありませんので、変質することは原則的にはありません。しかし入れ物であるペットボトルの表面には、水を通すことがないごく微細な穴が空いています。もちろん雑菌も入り込むことができないほどの小ささですので、開封していないミネラルウォーターは賞味期限内であれば品質に変化はありませんので問題なく飲用することができます。

開封してないミネラルウォーターは、問題なく飲用できる!ミネラルウォーターは食品庫などで長期保存をすることも多い製品で、非常用の飲用水として食品庫に備蓄している人も少なくありません。その場合にも賞味期限をしっかりと確認しておくことが重要です。賞味期限が過ぎているミネラルウォーターの場合には、濁りが生じて透過性が低くなったり臭いがついてしまったりという状態になっている可能性があります。

洗剤や石鹸、芳香剤などの強い香りのする製品の近くで保存していると、賞味期限内にもミネラルウォーターに透過した臭いが移ることもありますので保管する際は場所にも気をつけたいものです。また開封していない状態でも明らかに水が濁っている場合には、何らかの理由によって雑菌が入り込んでいることも考えられますので、飲用することは避けましょう

ミネラルウォーターの正しい保管方法と賞味期限

日常的に飲用するためにペットボトル入りのミネラルウォーターを購入する人が多く見られます。ウォーターサーバーでもミネラルウォーターが使用されている製品が多く、水道水とは違って嫌な臭いがなくすっきりと美味しく感じられることから人気があります。

その保管方法や賞味期限については、これまで特に気にかけていないという人も、ミネラルウォーターの適した保管方法を知っておくことが重要です。適切に保管されているミネラルウォーターは、賞味期限内においては安心して飲むことができますので、非常事態や災害時の備蓄としても重宝します。これを機会に自宅での保管状況をチェックしてみることをお勧めします。

重要なことは、ペットボトルの表面は微細な穴が開いていることによって、ごくわずかに空気を透過するという点です。雑菌などが入り込む可能性はきわめて低いものの、強い香りのある製品の近くに保管していると、透過した香りがミネラルウォーターに移ってしまうこともあります。保管する場合にはそれらの近くを避けておくということが大切です。

もちろん、一度開封してしまった場合には賞味期限にかかわらず飲みきることが大切です。一度に飲みきれないという場合は冷蔵庫に一時的に保管することもできますが、数日のうちに使い切りましょう。ミネラルウォーターは水道水とは異なり、殺菌成分である塩素が含まれていませんので品質の低下が考えられます。

賞味期限が設定されているもうひとつの理由は、計量法の規定によるものです。表示されている内容量との誤差が大きくなると販売ができなくなるという決まりがありますので、長い期間の保存によって内容量が減ってしまう可能性を考慮した上で、あえてメーカー側が賞味期限を設定しています。