Posted on

日焼けと日焼け止めクリーム

日焼けである紫外線にさらされると、皮膚が赤くなり、炎症を起こす可能性があります。皮膚の表面へのメラニン色素の沈着は、日焼けとも呼ばれます。日焼けは、太陽が皮膚に紫外線を照射したとき、または太陽が皮膚に人工紫外線を照射したときに発生します。日焼けは、メラニンの保護能力が皮膚に向けられた紫外線から保護できないときに発生します。このメラニン保護の問題により、肌の色が濃い人は、肌が白い人よりも日焼けする可能性が低くなります。もちろん、日焼けの最大の原因は紫外線です。紫外線には、長波長紫外線、中波長紫外線、短波長紫外線の3種類があります。日焼けの原因となる紫外線は発ガン性があると言われているので、屋外で長時間日光に当たる場合は、UV効果のある日焼け止め化粧品を使用してください。日焼け止めを使用すれば、紫外線で肌が直接傷つくことはありません。日焼け止めクリームは通常、日焼け後の皮膚の火傷を減らす効果もあります。最近、日焼け止めクリームはなめらかで肌触りが良く、広がりの良い日焼け止めクリームが増えています。以前よりもずっと簡単に塗れるので、いつも持ち歩き、毎回塗っておくといいでしょう。ルメント ホワイトニングジェル 口コミ