Posted on

メタボリックシンドローム予防の運動

厚生労働省が策定した運動ガイドラインは、健康を維持するために必要な運動量を測定・指導する方法を示しており、メタボリックシンドロームの予防を目的としています。ここでは、日常生活の内容をメタボリックシンドローム予防運動として位置づけており、運動はスポーツやジョギングでなくても通勤・通学を含みます。意図的に体を激しく動かすことなく、日常生活の中で運動しているという考え方です。メタボリックシンドロームを改善するためには、1日だけの激しい運動ではなく、毎日定期的な運動を続ける必要があります。運動する余裕がない場合、または日常生活に疲れていて運動できないがメタボリックシンドロームを予防したい場合はどうなりますか?適度に運動量を増やすためには、まずは自分の活動する部分を広げることから始めましょう。運動のガイドラインには事務や立ち、料理や洗濯も体を動かす活動です。掃除はそれよりも比較的重い生活活動であり、介護や子供と遊ぶことも活動と見なすことができます。厚生労働省の健康増進のための運動ガイドラインは、メッツと呼ばれる単位で運動の強度を測定します。運動量は、運動の強さを表すメッツに運動時間を掛けて計算され、このときの数値には運動という単位があります。 1回のエクササイズは1回のMETのエクササイズの1時間であり、3回のエクササイズは3回のMETのエクササイズの1時間です。梱包と大工仕事は3METなので、2時間の活動は6回の演習です。目安として、1週間に3メートル以上の強度で23回の運動を行うことでメタボリックシンドロームの予防に効果的です。クビレブラック 口コミ