Posted on

脂肪肝とは

脂肪が肝臓に蓄積する状態、つまり脂肪肝が意味する状態。脂肪分の多い食事を続けると、肝細胞に中世の脂肪が蓄積し、肝機能自体が低下します。この脂肪肝が進行すると、肝硬変になりやすく、肝臓がんにつながる可能性があるため、過小評価することのできない病気です。脂肪肝の原因は、動物性脂肪とアルコールを多く含む食事です。脂肪を食べすぎると、肝臓が脂肪を分解できなくなり、その結果、食事で食べた脂肪が肝臓に蓄積します。また、飲酒量が多すぎる人や、肥満や糖尿病に苦しむ人にも注意が必要です。脂肪肝の特定の症状は何ですか?肝臓は無症候性臓器と呼ばれ、自覚症状が出にくいという特徴がありますが、最初はややくすんでいて疲れやすいため見落とされがちです。症状がさらに進行すると、食欲不振や右上腹部の痛みなどの明らかな自覚症状が現れます。脂肪肝のほとんどは血液検査で発見されるようで、主な治療法は食事療法と運動です。具体的な治療法は、脂肪と糖分の多い食事を控え、運動を取り入れて体重をコントロールし、アルコール性脂肪肝の場合は飲酒をやめることです。脂っこいものを毎日食べるのが好きな人は、食事の内容を見直し、必ず健康診断を受けることが大切です。アイズ まつげ美容液はどう?