Posted on

水ダイエットの量と回数について

スピアージェ
水の食事療法に従う正しい方法は、一度にたくさん飲むのではなく、間隔を置いて少しずつ水を飲むことです。早く減量したいので、ダイエット中は一度にたくさんの水を飲みたいです。しかし、これは効果がないだけでなく、体への負担にもなるので、やめたほうがいいです。効果的な水の食事療法は、朝と毎食後にコップ一杯の水を飲み、それ以外の時間にはもっと水を飲むことです。少しずつ水を飲むようにしていますが、喉が渇くのを待たずに事前に飲むことが大事です。回数を少しずつ分け、ゆっくりと水を飲むようにし、一度に大量の水を飲まないようにします。汗をかいて睡眠中に水分が不足しているときに体に水分を補給するために、ウォーターダイエットは目覚めた直後に水を飲みます。これは、完全な目覚めを通して血流をスムーズにするためです。食事の前にコップ一杯の水を飲むと、胃液を希釈する効果があります。これは過度の食欲を抑えると言われています。入浴中に出てくる汗から失われる水分を補うために、入浴後に水を飲むことも非常に重要です。有酸素運動中に発汗する場合も水分摂取が必要です。ウォーターダイエットの目標は、運動前に十分な量の水を飲み、運動後に大量の水を飲むことです。特定の時間にコップ1杯より少し少ない水をより頻繁に飲むと、かなりの量の水を飲むことができます。ウォーターダイエットをしている場合は、ペットボトルに水を入れて持っていきます。これにより、少量を分割して服用することができます。