Posted on

初心者の資産管理のためのFX

FXを始める人が増えているようです。 FXのメカニズムは、株式の証拠金取引と非常によく似ています。マージンと呼ばれる一定額の資金がトレーダーに預けられ、外貨を売買します。日本人の平均寿命は年々伸びていますが、将来の生活を心配している人も多いようです。定年で仕事を終えても困らないように、ある程度の老後を生きるための資産を作りたいと思っています。年利が低下するため、定期預金は投資方法として利用できず、投資方法が不十分となることが予想されます。 FXはまた、長期的な資産管理に対するその力を示しています。リスク管理をしている限り、投資信託や定期預金よりもはるかに少ない手数料で効率的な利益を上げることができます。スワップポイントと呼ばれるシステムは、外国為替の大きな魅力の1つであり、2国間で通貨を取引するときに発生する金利の違いは、毎日少しの利益をもたらします。為替レートが変動し、未実現損失が発生した場合でも、スワップポイントは毎日利益を生み出し続けます。スワップポイントは通貨によって異なりますが、現在、1日1万ドルを保有すると約145円になります。日々の積み重ねは大きな利益です。スワップポイントは必ずしも高いとは限りませんが、少額の資金でもFXを証拠金として多額の決済ができるのは魅力的です。これを利用すれば、1日あたりのスワップ金利を引き上げることができます。最終的に増加した資産とのスワップポイントを活用することで、円高が進んでも揺らぐことなく利益を生み出すことができます。適時に外貨を保有できれば、毎日一生懸命に市場価格をチェックすることなく、収入を稼ぎ続けることができる状態を作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA