Posted on

シワのでき方はどう?

リカボ新生児の肌は状態は良好ですが、経年変化によりシワになります。しわも年齢によって異なります。皮膚の老化は通常20代後半に始まります。また、年齢とともに発生するシワには、年齢によって特徴があります。一般的に、多くの人は20代後半に折り畳み始めます。それほど恐れることはありませんが、法の線はより明確になります。あなたがそれの世話を怠ると、それはますます深くなります。 30代になると、筋力低下によりシワがさらに深くなります。最も重要なのは、目の周りにしわが出始め、笑いの線とは異なり、顔の表情を往復しても消えないしわです。最後に、40代になると老化現象が本格的に始まります。その理由の一つは、皮膚の成分であるコラーゲンの量が半分以下に減少していることです。首、あご、デコルテにシワができ、体のさまざまな部分にしわが寄ります。普段使っている筋肉ではない場所でもできるので、消えるよりも深くなります。それから、私の50代では、顔の一部だけでなく、顔全体が。特に、しわは、唇や口の周りを含む、細い線からはっきりとしたしわまで、全体として現れます。しわは私たちが生きてきたことの表れですが、それでも私たちは永遠に若く見える肌を望んでいます。お年寄りは多いですが、シワの少ないみずみずしい肌の方も多いです。これは単なるガイドであり、年齢としわは比例していません。心の底から、若くなりたいと思っていて、シワがあっても「消してやる!」と、いつまでも若さを保つことができるかもしれません。