Posted on

βグルカンの免疫抑制効果

注射により、β-グルカンは肝臓と脾臓に到達します。すべての臓器に血管新生されたベータグルカンは、今後数ヶ月間そこにあります。人体にはβ-グルカンを分解できる酵素はありません。ベータグルカンは、ゆっくりと分解されるまで効果があります。異物に抵抗して攻撃する免疫系の原因となる器官は肝臓と脾臓であり、ここでは免疫系に多くの物質があります。脾臓や肝臓で分解されないベータグルカンは、免疫力が強いと言われています。ベータグルカンは、体全体の免疫力を高めると言われています。ベータグルカンは免疫力を高めるので、抗ガン効果も期待されています。マクロファージは異物に最初に反応し、免疫系の一部です。マクロファージは入ってくる異物を捕らえ、それらを壊して開き、それらの特性をヘルパーT細胞に移し、そこから他の免疫系を活性化します。ベータグルカンは、マクロファージの動きを促進する機能があります。マクロファージが活性化されると、免疫情報を伝達し、異物を取り込む能力がより活発になります。そしてそれは癌に対するナチュラルキラー細胞の攻撃力を高めます。ある実験によると、キノコのβ-グルカンを与えられたマウスは肺炎球菌に対する保護効果を示すようです。クビジン