目次

納得する女性我々人間にとって水は欠かすことができません。最近は大規模災害の影響から自宅に蓄えておくという方も増えました。いざというときに水が使えなくなったら命の危険さえあるからです。とはいえ、自宅に蓄えておいたミネラルウォーター、本当においしく飲むことができるでしょうか。いざというときに使えなくなっていては意味がありません。

その風味や品質を守るためにはどうすればよいのか、どれくらいで飲めなくなるのか、知っておいた方がよいでしょう。きちんと管理することや自身で重たい水を買ってくるのが大変だという方であれば、ウォーターサーバーを活用した方が便利です。さまざまなメーカーがあらゆる商品を出しているため、契約すれば自身の生活に合ったおいしいお水を手軽にいつでも飲めるようになります。

ミネラルウォーターの賞味期限

災害を想定してだけでなく、日常生活で少しでもおいしいお水を飲みたいからとミネラルウォーターを購入している方も多く、スーパーなどでもさまざまな商品が並ぶようになりました。箱買いして押入れに置いているという方もいるでしょう。大量買いしてもどうせお水は腐ることないしと放置しているかもしれませんが、そのパッケージを見てください。

ミネラルウォーターを未開封のまま置いておいても腐ることはありません。なぜなら水は水素と酸素、生体活動を行わない無機物でできているからです。水そのものが有機反応を起こし、腐敗するということはなく消費期限はありません。

しかしながら、賞味期限はあります。ミネラルウォーターに含まれている有機物が変化し、場合によっては腐るからです。開封して空気に触れると空気中の有機物が水に混入するため腐敗しやすく、一端開けたものはできるだけ早めに飲みきるのが鉄則です。とはいえ、たとえ未開封のものであっても、ペットボトル自体に微細な気体透過性がある以上は完全に密封されているとは言い切れず、放置している間の品質の劣化は避けられないでしょう。

さまざまなメーカーのミネラルウォーターが出ていますが、その味は鈍感な人が飲んだらどれもただの水・大変繊細な違いなのです。だからこそ、周囲のもののニオイがペットボトル内部の水に移っただけでも風味に大きく影響して、たとえ腐ってなくて体には害をなさないとは言っても、とても飲めたものではなくなるはずです。

賞味期限が切れたミネラルウォーターを飲んでもいいですが、おいしい水を求めて購入している方や、被災して心も体も疲れてしまっているときの一杯として飲むには適して物とは言い切れません。賞味期限を気にするようにして、その範囲内で飲みきるようにしましょう。

ミネラルウォーターの多くは1.5から2リットル以上の大容量タイプで購入することが多いはずです。その場合、製造からおよそ2年くらいが賞味期限となっています。重たいのは買って帰るのが大変だからと550ミリリットルの小ボトルでミネラルウォーターを買ってくると賞味期限は製造から1年くらい、短くなってしまうため注意しましょう。容量が多いものの方が全体へのダメージの割合が少なくて済む、少ないものだと外気や臭いの影響が集約されてしまう、それが賞味期限設定の違いというわけです。

1年や2年と言うとあっという間です。乾パンや缶詰などは5年くらいは大丈夫というものも多い中、水だけはこまめに変えなければならないというわけです。しかも水は重たいです。賞味期限を延ばそうと大容量のペットボトルで購入するとなると更に重たくなってしまいます。それに、2リットル入り1本あるだけでは、あっという間になくなってしまいます。災害により水道が止まった場合に、すぐに復旧することは難しいです。

ウォーターサーバーの水にも賞味期限があります

ウォーターサーバーのメリットを説明する女性大規模災害の被害がニュースなどで報道されることが多くなった現在、ウォーターサーバー利用者の数もどんどん増えています。水を備蓄しておくことができるといういざと言う場合のメリットの他に、冷水と温水の使い分けができるのがミネラルウォーターにないメリットです。

来客時にさっとお茶を入れることができますし、お年寄りの一人暮らしでもヤカンを火にかけっぱなしで忘れてしまうといった心配もありません。

ただ、こちらの水だってミネラルウォーターと同じく消費期限はなく腐ることはないものの、賞味期限はあることを知っておきましょう。わずかにですが酸素を通すため、長期間保管していると、周囲のものの臭いが移ったり、水が酸化したり、それにより味が悪くなったり風味が変わったりしてしまうのです。それぞれのメーカーごとに賞味期限というおが設けられているはずです。それを守ってその範囲内で飲みきるようにしましょう。

ミネラルウォーターにもウォーターサーバーの水にも言えることですが、日頃の保管場所を変えるだけでも違ってきます。直射日光が当たらない冷暗所に置いておいてください。ミネラルウォーターを押入れに入れてあるというのは間違いではないのです。お日様が当たる温かい場所に置きっぱなしにしていたものは、たとえ賞味期限前であってもおいしくなくなっている可能性はあります。

水自体は腐らないものの、水に混入してしまった不純物のせいで水質が悪くなることはあります。ウォーターサーバーの水も開封してしまえば圧倒的に賞味期限が短くなってしまうため、できるだけ早く使い切りましょう。オフィスや公共の場に置かれているようなウォーターサーバーのような大容量のものばかりではなく、各メーカーでさまざまなサイズのウォーターサーバーは用意されています。大家族ならともかく夫婦二人暮らしの家だとお水が使いきれなくなってしまいます。少なめサイズの物を選ぶようにしましょう。各メーカーの賞味期限はペットボトルで完全密閉されたミネラルウォーターと違い、配送後はすぐに使うことを前提としているため、大抵は6ヶ月程度しか期間がありません。自分たちの暮らしにあったサイズ選びこそがおいしく便利にウォーターサーバーを利用するコツとなります。

お年寄りの一人暮らしにも温水が使えて便利ですが、雑菌が増えた水を使っていては逆に危険性も多くなるため、きちんとシュミレーションした上で契約するようにしましょう。

水は腐らないから大丈夫、と安易に考えて手近なところにずっと放置しているといざというときに備えているはずが、いざというときに使えなくなるのです。消費期限が過ぎていない以上は大丈夫なのではと思いがちですが、賞味期限の過ぎてしまった水は本当にまずいです。嫌なにおいが加わるだけで、おいしい水に慣れた日本人は飲めなくなるでしょう。

ウォーターサーバーの方が賞味期限管理しやすい

9月1日といえば、学生にとっては長かった夏休みも終わり始業式の日です。ただ世間的には防災の日となるのです。その前日に終わらなかった夏休みの宿題を手伝って夜遅くまで大忙しだったでしょうが、できれば年に1度、この日には自宅にある非常食を見直すようにした方がよいでしょう。この日が防災の日に決まったのは1923年の9月1日に関東大震災が発生したからです。使者・不明者14万人以上という大変大きな被害をもたらした地震災害でした。今後もどの地域にこのような大規模災害が起こらないとも限りません。いざと言うときに困らないためにもできれば家族で非常食チェックをした方がいいのです。5年は大丈夫という乾パンだって、それは缶に入って密閉されたタイプのものの場合です。袋に入ったものだと小容量のミネラルウォーター同様に1年しかもたないのです。それに、今年が5年目かもしれません。

忙しい女性と大量のミネラルウォーター

とはいえ、仕事をしている女性も増え、皆が忙しい毎日を送っています。2学期が始まって子供たちが学校に行ってくれたからといって楽になるとは限りません。9月といえばまだまだ暑い季節であり、そんなときにミネラルウォーターの重たいボトルを何本も買ってくるのは大変です。賞味期限を伸ばすためにと2リットルのミネラルウォーターを選んだ場合、大体2キログラムの重さがあると思っておくとよいでしょう。それを何本ともなるとついつい先延ばしになり、いざというときに押入れを覗いたら無くなっていたということはあるはずです。

その点、ウォーターサーバーであれば定期的に宅配してくれます。ミネラルウォーターの場合には安いものを選んだ場合に2年どころかすでにスーパーである程度の期間が経過しており、残りの賞味期限はほんの少しだったという失敗もよくあることですが、ウォーターサーバーの水はきちんとしたメーカーのものを選べばいつでも新鮮なものが届けられるため、賞味期限をきっちり6ヶ月と考えることができるのです。自宅に届けてもらえるのですからミネラルウォーターのように重たいものを担いで持ち帰る手間はいりません。水の入っていた容器は回収してもらえるところも多く、ゴミも増えないのです。その点、ミネラルウォーターを使った後には2リットルサイズのペットボトルが転がることになります。それ以前に押入れの中はミネラルウォーターで一杯です。

宅配業者とウォーターサーバー

ずぼらな方や重たいものを持つのが苦手だと言う方はもちろん、ゴミを増やしたくないという方はいつでもおいしい水を飲みたい方、ミネラルウォーターで頑張るよりも賞味期限の管理がしやすく、便利なウォーターサーバーを利用するようにしましょう。最近では各メーカーが競い合う中で安くておいしい水は増えています。決して庶民には手が届かないというものではないのです。大変な思いをするよりも一度検討してみましょう。

賞味期限が切れた水は

もしものときに水が手に入らなかったら大変です。そのため、ミネラルウォーターを大量に購入して備蓄しているという方もいますが、賞味期限が過ぎてしまったら飲めないまま捨てなければならなくなりもったいないだけです。

賞味期限内に飲むためにも、自身のライフワークを見直してどれくらいの水が必要なのか見極めましょう。サーバーを契約するにしても賞味期限内に使い切れないような量を購入していては意味がありません。夏場はとにかく汗をかくのでのどが乾きどんどん消費できるでしょうが、冬場はそれほど必要なくなるため、季節によって購入量を変えるのもかしこい方法です。

賞味期限が切れそうとは分かっていても、飲む量を一気に増やすことは難しく、限度があります。無理はしないでください。なぜなら消費期限ではなく賞味期限である以上は味がおいしくなくなるだけで腐敗はしていないため活用の余地はあるのです。

備蓄していたミネラルウォーターの賞味期限が過ぎていても、すぐに捨ててしまうのはやめましょう。保管場所の違いやミネラルウォーターの容器の違いによっては、ある程度の期間はそれほど味が悪くなることなく飲むことができるかもしれません。味を確かめて飲めそうであればそのまま飲料水としたり、お料理やお茶を作る際の水として活用すればよいでしょう。逆に、日の当たる場所に置いておいたものなど賞味期限前でもおいしくなくなることがあるため、どこに置くかは重要です。

お茶や料理で活用しましょう!

飲んでみたら変なにおいがして、とても飲めたものではなかったという場合、お茶などに入れてもにおいがごまかしきれなかったという場合も、それでも捨てるのは得策ではありません。水は飲料として口にする以外にもさまざまな場面で使われています。生活用水として活用すればいいのです。大規模災害で水道がストップしてしまうと食事も困りますが、たとえば洗濯をしたりお風呂に入ったり、トイレの水を流したり、そういった場面でも困ることになるのです。腐っていなくてただ飲むことができないというだけの水ですから、それを使って服を洗っても問題はありません。

できれば賞味期限内に使うことができるだけの量を備蓄する、あるいは宅配で届けてもらうようにし、できるだけおいしい状態で活用するようにしましょう。そういった意味でもサーバーを設置して業者に管理してもらうのは便利な方法なのです。とはいえ、賞味期限が切れた水も使えなくなるわけではありません。もう一度購入方法を見直すと共に、生活用水として大切に最後まで使ってあげてください。一度開封した水は有機物も細菌もどんどん入り放題です。とにかく早く使うようにしましょう。

水だけでなく、災害時に必要となるものはいろいろあります。9月1日が忙しければ他の日でもいいので、年に1度は防災グッズ見直しの日を設けるのはおすすめです。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

楽水(らくみず)
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。